Leather

素材一覧

Personal Orderで使用できる素材一覧です。
※モデル(デザイン)によっては使用不可の素材もございます。
※写真をクリックすると拡大して表示されます。

素材一覧

  • GUIDI FIORE(black)

    オプション価格:33,000円

    言わずと知れたイタリアのGUIDI&ROSELLINI(グイディアンドロゼリーニ)社によるVitello Fiore(ヴィッテーロフィオーレ)と名付けられたカーフレザー(仔牛革)です。その製法は詳細に明らかにはされておりませんが、バケッタ製法(植物性タンニンで鞣され牛脚オイルを浸透させる手法)で作られております。製造工程中、表面を非常に薄くヌバックさせているようで色移りはしやすいですが、その分使用や経年による艶増しは非常に美しいです。革質も最初は比較的ハリコシのある質感ですが、どんどんと柔らかくソフトな手触りに変化します。

  • Cordovan split(black)

    オプション価格:44,000円

    コードバン層の中でもランダムな表情の層を切り出し、オイルをしっかりと浸透させながらタンニン鞣ししています。 プレスをあてているので、艶とマットが混在した独特の表情が人気です。 馬の臀部(お尻)からのみ取れる部材であることと、このランダムな表情を選っているために希少性があります。

  • CHROMEXCEL(black)

    オプション価格:22,000円

    アメリカのタンナー、Horween(ホーウィン)社に製の混合鞣し製法による牛革。伝統的な製法で存分に浸透させたオイルにより独特のもっちりとした手触りと質感があり、アメリカンレザーらしい堅牢な風合いです。Blackは表面のみを黒染し、革断面は下地の茶を残した「茶芯レザー」となっております。履き皺や傷さえも味わいとなるタフレザーです。

  • CHROMEXCEL(natural)

    オプション価格:22,000円

    アメリカのタンナー、Horween(ホーウィン)社に製の混合鞣し製法による牛革。伝統的な製法で存分に浸透させたオイルにより独特のもっちりとした手触りと質感があり、アメリカンレザーらしい堅牢な風合いです。Naturalはそのオイル感により皺の山谷で色味の変化がみられるプルアップレザーとなっております。履き皺や傷さえも味わいとなるタフレザーです。

  • BOX SUEDE(black)

    国内タンナーにより混合鞣しで製造されたステアスエードです。ステアらしいハリコシがあり、毛羽立ちは控えめにオイル感を感じられる手触りです。傷など目立ちにくく、小雨程度ならば気にせずに履けてしまうタフなレザー。表面を擦るとオイルの影響で毛羽が寝て、鈍い艶が生まれます。履きこむことで生まれる革表面の擦れや皺など表情をの変化を楽しみたいレザーです。

  • TOSCANO VOLANATO-Italian vachetta shoulder-(black)

    イタリアのタンナー、CONCERIA800(コンツェリアオットチェント)社によるショルダーレザー(牛の肩回りの革)。1970年代の創業以来生産し続けているConceria800社の代表作です。ドラム槽による鞣しとシボ出しを行い、もっちりとした手触りです。シボの立ち方とオイル感が絶妙で、経年変化により上品な艶が増してまいります。

  • Japanese soft goat(black)

    国内タンナーによりタンニン鞣しされたヌメ山羊革。細やかなナチュラルシュリンクが美しく、絶妙な油分バランスで革表面は艶による陰影があります。山羊革の中でも厚みがあり、その個体の小ささを感じさせない存在感のあるレザーに仕上がっています。

  • Japanese soft goat(burgundy)

    国内タンナーによりタンニン鞣しされたヌメ山羊革。細やかなナチュラルシュリンクが美しく、絶妙な油分バランスで革表面は艶による陰影があります。山羊革の中でも厚みがあり、その個体の小ささを感じさせない存在感のあるレザーに仕上がっています。Burgundyは限定色となります。

  • MARGOT -Italian scratch shoulder-(gray)

    イタリアのタンナー、Virgilio Conceria Artigiana(ヴィルジリオコンツェリアアルティジアナ)社による植物タンニン鞣しのショルダーレザー。一番の特徴は革表面を小さな丸状の細かな傷をあえてつけるスクラッチ加工を施してあることです。ヌバックレザーともまた違う、独特のマットな質感と色味のムラ感。使用による経年変化により元がマットな表情であったと思えぬ程に艶々に変化してまいります。

  • CURARO -Italian emboss shrink-(gray)

    イタリアのタンナー、CONCERIA800(コンツェリアオットチェント)社による2023年発表の新作レザーです。タンニン鞣しの際の油分量を調節し、パステル調のグレー染に成功しました。革表面をヌバック調に仕上げ、型押しと揉み解しによりシボ感を表現することで、さながらエレファントレザーのような風合いに仕上がっております。

  • AVIO-Italian shoulder-(painted white)

    イタリアのタンナー、CONCERIA800(コンツェリアオットチェント)社による2023年発表の新作レザーです。タンニン鞣しされたレザー表面に、白のスプレー塗装をした後、あえてサンドペーパーで薄く塗装を落とすことで、クラッキングレザーのような独特の表情に仕上げています。製造過程や使用によって揉み解されることで、徐々に塗装が剥がれベースのヌメ色が際立つ変化を楽しめるレザーとなっております。

  • COUNTRY -Italian shoulder shrink-(bianco)

    イタリアのタンナー、La Perla Azzurra(ラペルラアッズーラ)社による合成タンニン鞣しのショルダーレザーです。合成タンニン鞣しの為、いわゆるヌメ革程の大きな変化はありませんが、使用や保管環境により少しずつベージュみを帯びてきます。月明りのような淡い青白さが特徴的な色合いです。

  • COUNTRY -Italian shoulder shrink-(bianco suede)

    イタリアのタンナー、La Perla Azzurra(ラペルラアッズーラ)社による合成タンニン鞣しのショルダーレザーです。合成タンニン鞣しの為、いわゆるヌメ革程の大きな変化はありませんが、使用や保管環境により少しずつベージュみを帯びてきます。月明りのような淡い青白さが特徴的な色合いです。スエードの方がより青みが強いです。

  • Heatedshrink cow(black)

    混合鞣し製法によるカウレザーをヒートドラムという革用ドラムで熱と蒸気をあてて縮絨させました。 タンニン成分が 熱に反応し、革の繊維を縮めることで独特の表情を持ったシュリンクレザーとなります。

  • smooth steer(gray)

    混合鞣し製法によるステアレザーをシンプルにオイルと染色で国内タンナーにて仕上げて頂きました。柔らかさとマットな表面でどのデザインにも合わせやすい素材感です。ご希望に応じて汚しの加工を施すことも可能です。

  • Filled steer(gray)

    日本のタンナーがジャパンレザーの意地をかけて作り上げたタンニンレザー。表面は薄く細かいやすりをかけて、マットな表情。 イタリアンレザーに引けを取らないオイルタンニング(通常の2倍のタンニンを使用・かなり時間をかけている)を施しています。 手間のかかる工程により、非常にもっちりとした仕上がりで、革断面も引き締まっています。 経年により浸透したオイルが上がり、深みのある色に変化していきます。

  • ROMA-Soft tanned horse-(deep black)

    ポルトガルの馬革専門のタンナー、Castro&filhos(カストロアンドフィロス)社によるフルタンニン鞣しのホースレザー。細かな処方については秘匿されています。革表面は引き締まり、手揉みするとオイル感を感じられますが、全体的にはマットな風合い。deep black は以前に展開していた物よりも黒みが強いものを採用しています。

  • ROMA-Soft tanned horse-(dustywhite)

    ポルトガルの馬革専門のタンナー、Castro&filhos(カストロアンドフィロス)社によるフルタンニン鞣しのホースレザー。 細かな処方については秘匿されています。革表面は引き締まり、手揉みするとオイル感も感じられますが、 全体的にはマットな風合い。 製品後手作業にて汚しの加工を施します。

  • Waxed horse(black)

    ヨーロッパ原産の大型の農耕馬の皮革。 ハイブリッド鞣し加工の後、染色の際にカルナバワックス(植物性のロウ)をしっかりと染みこませたものを使用しています。 それにより経年変化と共にじわじわと浮き出てくるような艶感が得られます。 今までの物よりも少し厚口の 馬革を使用できるようになりました。また表面もこれまでより少しマットです。 経年により艶々になります。

  • MARGOT-Italian scratch shoulder-(orange)※残りわずか

    イタリアのタンナー、Virgilio Conceria Artigiana(ヴィルジリオコンツェリアアルティジアナ)社による植物タンニン鞣しのショルダーレザー。一番の特徴は革表面を小さな丸状の細かな傷をあえてつけるスクラッチ加工を施してあることです。ヌバックレザーともまた違う、独特のマットな質感と色味のムラ感。使用による経年変化により元がマットな表情であったと思えぬ程に艶々に変化してまいります。

  • HAZE -Japanese cow-(black)※残りわずか

    ソフトな質感のフルタンニン鞣しのカウレザーにオイルとプレスを重ねて透明感のある艶感を足しています。皺の山谷で色の変化や立体的な表情が楽しめるプルアップレザーとなります。

  • CANYON -Japanese steer-(sand)※残りわずか

    北米産原皮を日本のタンナーでフルタンニン鞣しされたステアレザー。薄くヌバックされた表皮にしっかりとオイルを入れ込み、最後の仕上げにお湯でもみ洗いをかけています。お湯洗いすることで、程よくオイル感を落ち着かせて表面の風合いに味わい深さを足しています。

  • GUIDI FIORE & Cordovan split & CHROMEXCEL GP12 long wallet

    オプション価格:11,000円

    GP12 long wallet はGUIDI FIORE & Cordovan split & CHROMEXCEL について追加料金+税込11,000円にてお承り可能です

  • GUIDI FIORE & Cordovan split
    GP13v2 back pack

    オプション価格:66,000円

    GP13v2 back pack は
    GUIDI FIORE & Cordovan split について
    追加料金+税込66,000円にてお承り可能です。

  • GUIDI FIORE
    GP09 waist bag
    GP15 flat bag

    オプション価格:44,000円

    GP09 waist bag , GP15 flat bagは GUIDI FIORE について追加料金+税込44,000円にてお承り可能です

  • GUIDI FIORE & Cordovan split & CHROMEXCEL GP16 short wallet

    オプション価格:7,700円

    GP16 short wallet はGUIDI FIORE & Cordovan split & CHROMEXCEL について追加料金+税込7,700円にてお承り可能です

  • GUIDI FIORE & Cordovan split
    GP18 boat shoulder bag

    オプション価格:55,000円

    GP18 boat shoulder bagは
    GUIDI FIORE & Cordovan split について
    追加料金+税込55,000円にてお承り可能です。

  • GUIDI FIORE
    GP20 cargo shoulder bag

    オプション価格:55,000円

    GP20 cargo shoulder bagは GUIDI FIORE について追加料金+税込55,000円にてお承り可能です

Shoes Details仕様・素材について

Instagram公式 Instagram